2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
物の見方
2011/11/11(Fri)
先日、娘の心臓病のこと書きながら思い出してたんだけど、2年前の今頃、心臓移植の池田悠里ちゃんのボランティアに行ってたことがあったのね。
私は電話応対のボランティアしてたんだけど、そこでの学び。

募金箱に悠里ちゃんの明るく笑ってる写真を貼って、募金活動してたんですが、
「あんな元気そうな写真じゃなくて、もっと病人らしい写真にしたらもっと募金が集まるのではないか」という提案を電話でいただいたことがあったの。(あえて提案と書きます)
また、富山県でもう一人の移植手術を受けた松原大樹くんのことでも、なぜかこちらにお電話をいただいて、
「ああいう髪を伸ばしっぱなしのが今の若いもんの流行りかもしれないが、募金してもらう格好じゃないだろう。周りは何も言わんのか?悠里ちゃんのときはちゃんとしてくれ」とかね。

「はぁぁぁぁ~?」と言いたいのをグッとこらえ・・・。
これってね、物の見方のいい例だと思うのよね。物事の表裏っていうかね。
提案として電話を下さった方々は、社会一般論として、年長者として「よかれ」と思って言ってくださってる。
悠里ちゃんのお父様にしてみると「こんなに元気に遊んでいた頃の娘にしてやりたい」という一心で選んだ写真。
どちらも間違ってないし、これが正しい!というものでもない。

大樹くんのこともね、心臓病の娘がいたからわかるんだ。
重度の心臓病だと、起き上がること、立つこと、歩くことすら心臓に負担がかかるから車椅子なの。
もちろんお風呂やシャンプーも、ものすごい心臓負担になるわけ。
歯医者に行って治療することや、理髪店でかみそりを使って万が一切ったりすると、そこから心臓に菌が入ることもあるからできないの。
そういうことをご存知ないから、先のようなことを一般論として言ってあげなくてはこの子のためにならん!という想いになるのだろうし、私も心臓病の娘がいなかったら、言わないまでも同じこと思ってたかもしれない。

うちの娘も水分制限が厳しくてね、一日の水分量が決まってるから、小さい頃は、病院の待合室や公園でジュース飲んでる子に会わないように神経とがらせてた。
親御さんにすると、混んでる場所で泣かせないようにとの配慮から当然お菓子やジュース持ち歩いてるよね。
でも、水分制限がわからないうちの子は、やっぱり欲しがる。
だからといって、そのお母さん達を責めるわけにはいかない。彼女達にも理由があってそうしてるわけだから。
お互いの言い分や理由があって、どっちが正しいわけでも悪いわけでもない。
そういうものの見方というか、お互いの言い分というか、そういうものってこの世にたくさんあるよね。

だから、相手を論破しようとか、善悪を決着つけるとか、そういうことじゃなくて、自分が相手の考えを受け入れられなかったとしても「へぇ~、そういう風に考えるんだぁ~」とか「あなたの立場ではそう思うのね」となんかこうもっと楽に思えるようになれるといいな~って思ってる。もちろん私自身も含めてネ。

「あなたはそういう想いだったんだね。私はこういう想いだったよ」って、お互いの気持ちを言い合いっこしたあとは、お互いを論破しようとせずに、「そっかそういう気持ちだったんだね」と相手を思いやって受け入れてあげられたら、それで納まることがたくさんある気がする。
それができなければ、離れればいいだけ。敵対や圧する必要はないと私は思ってる。

悠里ちゃん、今もお薬は必要だし、生野菜なども感染の恐れがあるから制限があるらしいけど、
元気で学校に通ってるみたい。うれしいです
この記事のURL | 思うこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- ほんとだね。 -
CLEAさま。
誰も、破くために論じるつもりはないのでしょうが、そうなってしまう場合は多々ありますからね。。。

相手の思いも慮り、自分の思いをきちんと伝える。

お相手はみな自分だから、
愛おしく大切にしたいと思います。
2011/11/13 19:59  | URL | 銀木犀 #EvmDRqhQ[ 編集] ▲ top
- Re: ほんとだね。 -
> 銀木犀さま

相手も想いも汲み取りながら、しっかり自分の想いも伝える銀ちゃんのコミュニケーション力の高さに
いつも惚れ惚れしている私です。

相手は自分。相手は自分。相手は自分。
感情が激してきたら、唱えますわ~☆
2011/11/13 21:34  | URL | CLEA #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://cleacolor.blog101.fc2.com/tb.php/373-acb7b999

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。