2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
続けること、信じること
2013/02/06(Wed)
先日から、私に「続ける」というキーワードがどんどんきます。

お客様が選んだこのボトルもそう。
お客様へのキーワード=私へのキーワード  でもあるからネ。

ブルーには、受容や創造性などのキーワードもありますが、
「継続する」というキーワードもあります。

ブルーは、女性性の色でもあり、女性が受胎を受け入れ、お腹で育み、産み、また育てていく。
その長い道のりは、継続なくしてありえません。

20130206 B02

そんな折、習い事教室に勤める友人と話す機会がありました。

習い事をしていると、子供達がどうしてもつまづく時期がある。
「他の子より下手」「頑張ってるのに上手にならない」「やりたくないのに親に習わされてる」・・・
理由はその子によってさまざま。

そんな時彼女は、「レッスンはできなくてもいいから、とにかく、ここへいらっしゃい」
と子供達に言うそうです。

彼女は、子供達の進む力を信じてる。そして自分のやり方にも揺らぎがない。
子供達は、「あの子だけ特別でずる~い!」などとは言わないそうです。
自分も行きたくなかった経験のある子達が、ちゃんと理解を示して協力してくれる。
だから、彼女は、「子供達のお陰」と言います。

それも、彼女が子供達をしっかりと導いているからなのでしょう。
むしろ大人。「お金払ってるんだから、ちゃんと・・・」とか言うの(苦笑)

彼女とて、最初から揺らぎなく、このようなことができたとは思えません。
親御さんや経営者に理解してもらうまで、形として結果を出すまで、自身も揺らいできたことでしょう。
くじけそうになったこともあったでしょう。

でも、子供達に続けることの大切さを説いてきた自分が、投げ出してどうする!
と自分を励まし、子供達の成長していく笑顔に支えられながら、ここまできたそうです。

「伸びない、上達しない」は、ここまで続けてきたからこその壁。
そして、その先の、乗り越えた喜びは、続けた者でなければ決して得られない。

自分自身で何度も乗り越えてきた彼女だからこそ、
今現在、親御さんや経営者からの信頼も厚いのでしょう。

彼女の器の大きさと継続する力、子供達と自分を信じきる力。
まさに「ブルー」の静かに受け容れ、信じ、育む愛、そのもの。

教室に通えば、知識も技術も向上します。知識を得ることで自信も生まれます。
けれど、「続ける」ということは、自分の生き方そのものへの自信につながります。

決して、前面に出て華々しくアピールしたり、説得することだけが、自信じゃない。
すぐ結果を出すことだけが、ベストじゃない。
途中で休んだり、道草しながら見えてくるものもあるかもしれない。


あ!今、また何かストンと来た!(笑) うん!
私も続ける!続けることがいっぱいある!
あ~、やっぱり心を許せる友達って、いいね






この記事のURL | カラーセラピー | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。