2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
見守ることの難しさ
2013/02/14(Thu)

マイア色彩心理セラピーのティーチャー仲間である
ヒロコさんのところから、新しいセラピストが誕生した模様。うれしいです!

Hirokoさんブログ


現在、私のところにも、マイアセラピーを始める受講生さんが、数名いらっしゃいます。
まずは初級の「自分を見つめる」からです。
いずれは富山や北陸からもマイアのセラピストが誕生したらうれしいな~(*^▽^*)


自分がこのような立場になって、今思うことは、
加藤マイア先生も足立先生も、
長い授業の間、ず~っと私達を見守って下さっていたということ。


授業でセッションしているうちに、その人の問題点や心の癖、改善点などが見えてきます。
でも、先生方は、セッションやスピリチュアリティな視点からのアドバイスはされても
「あなたのここがダメなのよ!ここを変えないとダメ!」とは決しておっしゃいませんでした。


先生という立場の人が、「こうしなさい」ということは、すごく簡単で
私達生徒も早く楽になりたいから、目の前の指示を求めているところがあります。
でも、マイア先生も足立先生も、決して生き方の強制や指示はされませんでした。
先生というカリスマ性を利用して強制する方々にも出逢ってきましたから・・・。


だからこそ、私は、オーラソーマティーチャーでもある、マイア先生に惹かれたのかもしれません。
「すべては自分の中にある」
そのためのお手伝いをするだけなのだと。



今、自分がこういう立場になってみて初めて、これが本当に難しいことだと知りました。
先生という立場に限らず、親として、家族として、友人として・・・と立場を変えても
あたたかく、静かに、その人のすべてを受け入れいることの難しさ。
アドバイスという名目でちゃちゃっと言ってしまいたい一言を飲み込むことの難しさ・・・う~ゴックン
また、逆に自分の意志の表明が、他人には強制になっていないかという自己チェックなど、


生徒さんのお陰で、私も人としてティーチャーとして、一歩ずつゆっくり成長させてもらっています。
ありがとうございます。












この記事のURL | 日記 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。