2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
幸も不幸もない
2010/12/05(Sun)
今日は朝からいいお天気でしたね。

朝、小雪の散歩に行っていい気分・・・・・も、つかの間。

午後から頭痛で頭が重く、ちょっと今日は体調いまいち。

年末の家事や年賀状もやりたかったけど、今日は自分の時間をとることにしました。



先日、小林正観さんの「幸も不幸もないんですよ」という本を読みました。

正観さんの本はいくつも読んでいますが、これは以前に読んだことのある内容を今一度

思い出すことも含めて書いてある本で、軽めで読みやすい内容にしてありました。

本当は正観さんの話にも、宇宙の法則とかいろいろあるんですが、

私達が人間として生活していく当たり前のこともいくつも書いてあります。

実はこの当たり前が当たり前ではなく、当たり前に感謝することの大切さのことや

タイトルの「幸も不幸もないんですよ」の通り、人の優しさも一方方向からの見方ではないことや

自分の中の正しい、正しくないということも実は「正しい、正しくない」ではないことに気がつきます。



我に縛られていると、「自分の中の正しい」を相手に主張し、言い聞かせよう、ねじ伏せようとします。

相手にこうあって欲しいという自分の願望でしかないのに、社会が世間がというものさしを入れたりします。

自分の中の正しいが、必ずしも相手の中の正しいではないことを知っていたいものです。

そして、やさしさも自分の求めているものではなかったから冷たい人なのではないということ。

いろんな表現方法があり、また受け止める側の心の在りようや期待度でも変わります。

でもだいたい、人に期待すること自体がどうよ?ってなりますけどね。

その上で、自分と人との違いを認めていけたらいいですね。

まだまだ、まだまだ、まだまだです  でも、心に留めて今日も生きてます。
この記事のURL | 思うこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://cleacolor.blog101.fc2.com/tb.php/76-78aea922

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。