2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
きちんと ちゃんと
2013/03/26(Tue)
私たち大人や親が大好きな「きちんと」「ちゃんと」

これって、日常でもよく使う言葉だと思うし、
私達自身も親や大人に毎日のように言われてきた言葉。

だけど、この「きちんと」「ちゃんと」って、
具体的にはどんなことだとあなたは感じてる?


それを先日の講座で話し合ってみました。


ちゃんとした子供ってどんな子供なんだろう?
誰にでも挨拶ができる子?
人に迷惑をかけない子?
年齢相応のことができる子?

でもさ、挨拶ができればちゃんとした子なの?
今は、裏と表の使い分けが上手な子(大人)いっぱいいるよ。
最近お店で多い「いらっしゃいませ。こんにちは~」って、挨拶に愛を感じる?

人に迷惑かけないって何?
ルールに従っていればいい子なの?
何事も起こらないように、自分で行動を起こさない子がいい子?

年齢相応の行動?
何が基準なの?
誰が作ったの?
年齢が必要なの?

以前、TVのバラエティ番組だけどね、
子供が危険なところにいる時に、
お母さん達は「何やってんの!!」と叱るそうです。
(イタタ・・・私も言った記憶あるぞ~

けれども、子供は「何やってんの!!」と言われても、
「え?木に登ってるんだけど・・・」とポカ~ンだそうです。
意味もわからないまま、怒られたという感情だけが残る。
(叱られたではなく怒られた)

子供に伝えるときには、「危ない!降りなさい!」と短い単語でまず危険と行動を伝える。
そして、降りてきてから、なぜ危険なのか、親がどんな気持ちであるかを冷静に伝える。
それによって、子供にしっかりと伝わるそうです。
(う~ん、反省。いつの日かババになったら、孫にこう言おう)

叱られたことの意味がわからなければ、また同じことを繰り返す。
で、また怒られる。
親は、子供が理解してないことがわかってないから、「何回、同じこと言わせるの!」とまた怒る。
そのうち、意味もわからず怒られる子供は、
自分を否定されることで無気力になるか、反抗するか・・・。

「きちんと」「ちゃんと」もこれに通じてる気がするの。
もしかしたら、親自身も何が「きちんと」「ちゃんと」なのかわかってないかもしれない。
自分の基準がなく、世間や他人のものさしを基準に子供を当てはめてるかもしれない。

自分自身がまず、「きちんと」「ちゃんと」を具体的に考えてみてほしい。
「きちんと」「ちゃんと」という言葉を使わずに説明できるかどうか。
あなたの言う「きちんと」「ちゃんと」は、本当に必要なことなのか。
子供の自主性や素晴らしい個性を否定していないか。


それは、自分の目標を立てるときも同じかもしれないね。
「今年は○○をちゃんとする!」ってよく言うよね。
その「ちゃんと」を具体的を明確にすることが大切かも。


「きちんと」「ちゃんと」と言われ続けてきたあなたは、今、幸せですか?
ずっと演じ続けてきていませんか?
あなたは、他人のものさしではかられたいですか?
「いいお母さん」「いい妻」の仮面の下で苦しんでいませんか?
それを子供にも強要していませんか?
あなたの「ちゃんと」は、子供にちゃ~んと通じていますか?


長くなりました。読んでくださってありがとう


この記事のURL | 思うこと | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。