2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
奇跡の数々・・・守られてる
2013/07/01(Mon)

先日、友人のももはなこさんブログ で、身体からのメッセージというのがありました。

ももはなこさん、早朝から出かけなきゃならなかったのに、前日からなんとなく不調和を感じていて

朝起きてみたら、タイヤがパンクしていたというものなんですが、

私、ちょうどその朝方、左後輪のタイヤがパンクする夢を見ていたんですよねー。

5時起きウォーキングの朝で、自分へのメッセージかなぁ~と思っていたら、

ももはなこさんへの予知夢でしたか~(笑) ももはなこさんは右後輪だったとか!



さて、予知夢ではないんですが、私も危険から守られるという奇跡的経験を何度かしています。

一番大きな奇跡は娘の手術かな。

娘には生まれつき心臓に奇形があり、5ヶ月の頃に人工心肺を使って開胸手術をすることになっていました。

当時、「体力的にも、心肥大の状態からも、確率は1/2だと思って下さい」との先生の言葉に

「もしかしたら、生きたこの子にもう逢えないかもしれない・・・」と泣きながら手術室へ見送りました。

ところが!手術室へ入ったとたん、40度超えの高熱を出し、手術室からまさかのUターン。

輸血の方々も仕事を休んで待機してもらっていましたが、その日の手術は中止に。

結局その後、開胸手術そのものが見送られ、

カテーテルで血管を拡張する手術を数回受けることで現在に至っています。

もし、あの時、熱が急に上がらなかったら・・・もしかすると、娘はここにいなかったかもしれません。

娘の心臓病が発見されたのも、上の子の風邪がうつって気管支炎で入院したことから。

そう考えると、息子は命の恩人かもしれません。

あ、息子が1歳の頃、2階から落ちて、藤棚にひっかかった事件も奇跡です!

もし、その藤棚がなかったら、縁側の石にそのまま頭を打ちつけていたことでしょう。

守られていたとしか言いようがありません。



数年前の私。この道、嫌いなんだよね~と思いつつ、近道なので通った踏切。

ありえないことに、踏切で脱輪したばかりか、シャフトを折ってしまい、どうにもこうにも動けない。

複雑な道で、踏切前後は大渋滞。

JAFを待っている間にも、列車が来るかもしれず、手は震えるし、生きた心地もしませんでした。

そんな時に、作業現場に向かうトラックのお兄さんが、「ワイヤーあるから引いてやる!」

と降りてきて下さって、車を牽引して下さり、見ず知らずの方々が、集まって車を持ち上げてくださり、

踏切から脱出した10分後に踏切が鳴り・・・危機一髪でした。



そうそう真冬の真夜中、婦中大橋で、タイヤの後輪が外れて、タイヤは分岐から下道へ落ちていき

私は、車体が傾いたまま、火花を散らして急停車ということもありました 

もし、それが昼間で、タイヤが誰かに当たっていたら・・・と考えるだけでも恐ろしい

当時、携帯をもつ時代ではなく、真夜中に灯りの点いているお宅で電話を借り、

タイヤを一人橋上まで転がし、一人JAFを待ちました・・・(T_T)

えっ、夫ですか?「オレ、友達んちで飲んどるから行けんわ~」とな タイヤ交換したのは誰!!



そして今度も、またまた娘。

先日、簡単な手術をすることになっていたのですが、

当日病院に行って、最後の確認とカウンセリングの最中に、就活中の会社から

「書類選考通ったので、明日、面接に来てほしい」と電話があり、

「もしかするとこれは、この手術をするなということかもしれない・・・」と、キャンセルしてきたとのこと。

娘は、身体にメスを入れようとすると、何らかの力で阻止されるようですね。

私は、実際ピンチを人様のお陰で救われている。




こうやって振り返ってみると、奇跡の連続で生かされているのかもしれませんね。

起きたこれまでの奇跡を振り返ってみると、生かされている奇跡と感謝があふれてくるかもしれません。

なんとなく~という虫の知らせや直感を通して、ちゃんと自分にメッセージがきます。

それを常に素直にキャッチできる自分でありたいものですね

読んでくださってありがとうございます。










この記事のURL | 思うこと | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。