2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
スピとカラーセラピー
2013/05/11(Sat)

スピブームはもう去ったと思っていたのだけど、

「私はスピ系♪」になりたい人、カリスマになりたい人が

まだまだいっぱいいるんだね。


何度も書いてるけど、スピって、サイキック能力をもつことじゃないからね。

スピリチュアリティ(霊性)を高めること。

それは、普通の生活の中にあること。普通の生活の中で気づくこと。

光だけを見ることでもないし、美しい言葉だけを並べることでもないし、

人としての感情を手放すことでもない。

見えない存在からの言葉だけを信じて生きることでもない。

チャネリングできる人とつながっていれば、自分もスピの仲間入りだと思ってない?

普段の生活を見ないで、〇〇からの言葉だけを信じるのは、もう卒業しようよ。

CLEAはそう思ってます。

もっと言っちゃえば、CLEAは、「私達、スピ系ってさぁ~」という人を、まず信じてないです。

っていうか、嫌い。

サイキック能力のある友人いますよ。

オーラが見えたり、近未来がわかったり、メッセージを受け取ったり、光の柱が見える人。

でも、彼らは自分が「スピ系」などとは、絶対に名乗らないし、ものすごく謙虚だし、

「~〇〇が〇〇しなさいと言ってる」という、人からの言葉を鵜呑みにしないです。

自分で選択することの重要性 を知っているから。

「見えない〇〇が〇〇しなさい」と言っても、

「今の自分が嫌なもんは嫌なんじゃ~」という選択を知っています(笑)

そしてその責任が自分にあることも。





カラーセラピー=スピ系と思ってる方が、まだまだいらっしゃいます。

生活の中にいつもあふれている色と共にスピリチュアリティ(霊性)を高めていくことではありますが、

サイキック能力を高めるためのものではありません。

自然からの贈り物、色(カラー)と共に、自然の一部であるあなたの魂を癒し、高め、

自分を生きるためのセラピー です

〇〇の言葉を生きるのではなく、自分を生きることに気づくためのセラピーです。

という方が、私のブログを読んでくださっているんでしょうけど('-^*)/ ありがとうございます。





スピの話題、もう卒業したいので、今回限りにしておきます。

もう新しいことに向かっています





この記事のURL | 思うこと | CM(0) | ▲ top
きちんと ちゃんと
2013/03/26(Tue)
私たち大人や親が大好きな「きちんと」「ちゃんと」

これって、日常でもよく使う言葉だと思うし、
私達自身も親や大人に毎日のように言われてきた言葉。

だけど、この「きちんと」「ちゃんと」って、
具体的にはどんなことだとあなたは感じてる?


それを先日の講座で話し合ってみました。


ちゃんとした子供ってどんな子供なんだろう?
誰にでも挨拶ができる子?
人に迷惑をかけない子?
年齢相応のことができる子?

でもさ、挨拶ができればちゃんとした子なの?
今は、裏と表の使い分けが上手な子(大人)いっぱいいるよ。
最近お店で多い「いらっしゃいませ。こんにちは~」って、挨拶に愛を感じる?

人に迷惑かけないって何?
ルールに従っていればいい子なの?
何事も起こらないように、自分で行動を起こさない子がいい子?

年齢相応の行動?
何が基準なの?
誰が作ったの?
年齢が必要なの?

以前、TVのバラエティ番組だけどね、
子供が危険なところにいる時に、
お母さん達は「何やってんの!!」と叱るそうです。
(イタタ・・・私も言った記憶あるぞ~

けれども、子供は「何やってんの!!」と言われても、
「え?木に登ってるんだけど・・・」とポカ~ンだそうです。
意味もわからないまま、怒られたという感情だけが残る。
(叱られたではなく怒られた)

子供に伝えるときには、「危ない!降りなさい!」と短い単語でまず危険と行動を伝える。
そして、降りてきてから、なぜ危険なのか、親がどんな気持ちであるかを冷静に伝える。
それによって、子供にしっかりと伝わるそうです。
(う~ん、反省。いつの日かババになったら、孫にこう言おう)

叱られたことの意味がわからなければ、また同じことを繰り返す。
で、また怒られる。
親は、子供が理解してないことがわかってないから、「何回、同じこと言わせるの!」とまた怒る。
そのうち、意味もわからず怒られる子供は、
自分を否定されることで無気力になるか、反抗するか・・・。

「きちんと」「ちゃんと」もこれに通じてる気がするの。
もしかしたら、親自身も何が「きちんと」「ちゃんと」なのかわかってないかもしれない。
自分の基準がなく、世間や他人のものさしを基準に子供を当てはめてるかもしれない。

自分自身がまず、「きちんと」「ちゃんと」を具体的に考えてみてほしい。
「きちんと」「ちゃんと」という言葉を使わずに説明できるかどうか。
あなたの言う「きちんと」「ちゃんと」は、本当に必要なことなのか。
子供の自主性や素晴らしい個性を否定していないか。


それは、自分の目標を立てるときも同じかもしれないね。
「今年は○○をちゃんとする!」ってよく言うよね。
その「ちゃんと」を具体的を明確にすることが大切かも。


「きちんと」「ちゃんと」と言われ続けてきたあなたは、今、幸せですか?
ずっと演じ続けてきていませんか?
あなたは、他人のものさしではかられたいですか?
「いいお母さん」「いい妻」の仮面の下で苦しんでいませんか?
それを子供にも強要していませんか?
あなたの「ちゃんと」は、子供にちゃ~んと通じていますか?


長くなりました。読んでくださってありがとう


この記事のURL | 思うこと | CM(0) | ▲ top
女子力?女性力?
2012/12/12(Wed)
さてさて、クリスマスも近くなってまいりました。
「女子力UP☆」にいそしむ女子達も多いことでしょう。
で、ちょっと「自分磨きって何?」「女子力って何?」について、思うこと書いてみます。


最近巷で流行ってる「女子力UP」という言葉。 魅力的ですね~。
何を隠そう、私も少し前までこの女子力というネーミングでイベントを立ち上げようと思っていた一人です。

でも、なんか違うなぁ~と思い始めたの。
「癒し」と同じで、すごく曖昧な言葉で、人によって「女子力」の受け取り方が大きく違うと思うのだけど、私なりに巷でいう女子力を考えてみると、
「いつも女らしさを忘れない」とか「さりげなく気配りできる」とか
「ネイルやエステに通って、いつも身だしなみに気を配っている」とか
「習い事やスキルアップなど自分磨きを怠らない」とか、なんかそういう感じかなぁ?


そういう前向きさはすごく好き。美しく着飾るのも女性ならではの楽しみだし。
ただね、その女子力に、人との比較、人より優位に立ちたい、目的を感じるようになってしまったの。
『この冬、女子力UP!で他の女子に差をつけよう!』みたいな感じ???

「他の女子より抜きん出たい」「きれになって好かれたい」「仕事も外見もこんなに頑張ってます!」
なんかそれって、女子力というより競争社会の男子力なんじゃない・・・?
「女子力」っていう誰かが作った言葉に踊らされてない?って、私は感じ始めてしまったワケ。


「女子力」って、「女子力」としてあらためて身につけるものではなくて、当たり前に習慣づける中で初めて輝きが出てくることなのに、わざわざ、「頑張ってます!」って、アピールするものかい?って。

私達が本当に求めているものって、戦闘態勢ばっちりの女性の姿をした男性ではなくて、
しなやかさ、粘り強さ、繊細さ、包容力という大人の女性の持つ力なのではないのかなぁ。
そして男性の求めているものも、女子力ではなくて女性力なのではないのかなぁ。

「男のあなたがやってくれないから、自分でやるわよっ!」って、何もかも自分で抱え強がる女子に男性は魅力を感じるのか?その姿に男性はあたたかさや寛ぎや女性としての余裕を感じるのか?
「オレ、いなくていいよね?」ってならない?

世間に求められているから、求められる理想の女性になるのではなく、
自分がそうすることが居心地がいいからスキルUPしたり、着飾ったりするという心の豊かさやゆとり。
これこそが本当の女性力じゃないかなぁ。そこに男性は惹かれるんじゃないのかなぁ?


この世界のことを少しはかじった方は、今はもう女性性の時代だとご存知ですよね。
競争や差別や、イケイケがんがん!の時代じゃない。
「女子」なんていう子供じゃなくて、酸いも甘いも受け入れられ、なおかつ、しなやかに強く、甘えることも謙虚さも知っているオリーブグリーンが表す大人な「女性」の時代。

男性もナイスミドルと称される方々は、すごく包容力や受容力という女性性持ってますよね♪





この記事のURL | 思うこと | CM(0) | ▲ top
ブログと顔写真
2012/04/24(Tue)
お気づきの方も多いと思いますが、

ブログトップのプロフィール写真が、マイアカードから顔写真に変わりました。

そう、先日の新月から

フェイスブックで実名や顔を出す世の中だから、「だから今さら何?」ちゅ~話ではあるんだけど、

やっぱりね、顔を出すってことに少なからず抵抗はあったの。

でも抵抗のあることにトライすることで、自分の中の越えなきゃいけないものを越える勇気というか決意というか

何かそういうものを自分に課した感はあります。

ブログに顔写真なんて出していいのか?

こんな田舎で顔バレてていいのか?いや、そもそもブログは全国ネットだぞ?とずいぶん迷ったんですが、

いろいろご相談を受ける仕事柄、顔を出すことによって少しでもお客様の不安が軽くあってほしいと思っています。

写真で顔を見ることで、なんとなく雰囲気や感じるものってあると思いますし、

この写真を見て、CLEAに話してみようと思っていただけたら、ありがたく思います。

もうひとつの理由は、その方の人生の繊細な部分をお聞かせいただく立場上、自分の責任をいつも認識するためでもあります。

で、どーせ顔出すなら顔半分とか中途半端は嫌だというのが、これまた私の性格で(笑)

ウジウジ悩むくせに、決めたらキッパリやらないと嫌なもんで。

逆に顔見て「な~んだ」って離れる人もいるんでしょうね・・・ううっ、それは悲しい。


この写真は、実は何を隠そう、ブロ友であるブンゆきちさんが撮ってくださったのです。

もうひとつのブログ、Tymタウンブログに載せてるマイアカードもブンゆきちさん。

ブンゆきちさんブログ

あの日の撮影会は、友人二人も駆けつけてくれて、サイコーに楽しくてね

ご縁って不思議ね。

1年前までは名前も知らなかった人達と、こうしてハッピーな時間を共にできる幸せに感謝せずにはいられません。

あらためて、ありがとう

そして、このハッピーがご縁ある人達に広がっていくことを楽しみにしている私がいます
この記事のURL | 思うこと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
感情の波のあと
2012/04/07(Sat)
今週はこの悪天候のお陰で、これまでのお客様とのセッションの整理をする時間をもてました。

イベントなどでは、時間などの関係で、お名前やご住所をいただけないことも多いのですが、
自宅にお見えになったお客様のお名前と、引いていただいたカードで、その時の雰囲気や会話がよみがえってきます。

「彼女、あれからどうしているかしら?」という想いはもちろん、
「あ~、あの時、もう一言加えてあげれば、すんなり心に入ったかも」とか
「今だったら、もっとこんな風に、こっちの角度から言えたかも・・・」とか、
逆に「あの言葉を言わずに、自分を見つめてもらえばよかった・・・」とか、もぅ、山ほど出てくる出てくる。

そして、いつも感じるのは、お客様を通して、私は私の内面を見せてもらっているということ。
デビューしたばかりの頃は、私も私の同期もみんな「私にできるでしょうか・・・」とビクビクでした。
そんな私達に先生は、「あなた達に対処できる問題や人しか現れません」とキッパリおっしゃいましたねー。
出逢う人も起こる出来事も「すべて私達の成長のためのギフトとして存在する」
ということを先生はおっしゃりたかったんでしょう。

引き寄せの法則か、はたまた波長の法則か、自分がご縁あって出逢わせてもらったお客様とそのご相談内容は、
その時その時の、自分の内面を映し出す「鏡」の役目をしてくれていると改めて感じています。

セッションしながら、イタタタタ・・・って自分のことのようなことも実際よくあるんですよ。
また、話を聞いてみたら、歩んできた人生の境遇がよく似てるとか、感性がよく似てるとか、
まぁ、自分の中にあるからこそ、お客様の同じ部分にも気づけるんでしょうけど、
そうしてお客様が差し出してくださる「鏡」によって、私は自分を振り返り、自分の心のクセに気づくことができ、
成長もしていけるわけです。ありがたいなぁと思います。


そしてね、ご縁あっていらしたお客様にひとつお伝えしたいのは、
「あの問題が解決したからもういいや」と思わずに、ぜひ、もう一度いらしていただきたいの。
なぜかというと、サロンにいらっしゃる時というのは、大抵、思考も感情も荒波にもまれてる時だと思うのね。
だから、その問題が収束し、心がだいぶ穏やかになってきた時にこそ、もう一度自分を見つめてほしいのです。

私がお客様とのセッションで自分に気づくように、お客様自身も何回かセッションしていくうちに、
ご自分の感情や思考のクセというものが、自分でわかるようになっていかれます。
そうすると、問題があるたびに感情と思考の波にのまれていた自分を、外から見つめられるようになっていけるから。

本来、セラピーって、ここが一番肝心なんです。
セラピーっていうと、悪いものをよくするためのもの、○○療法ってイメージがあるかもしれないけど、
今のあなたが悪いから、治したり、矯正するというものではないんです。
当然「あなたはこうだからダメなのよ!」と私がえっらそーにダメだししていくものでもありません。
何回も何回もその色が出てきたりして、ちゃ~んと教えてくれるから、その言葉に耳を澄ませてほしいの。
(たまに、叱って下さい!喝入れて下さい!という方も見えますが・・・あらら)

カラーセラピーって、「色を通して自分の心のクセを知って、生きやすくするためのもの」
って、ちょっと心に留めておいてもらえるとうれしいな。
特に問題がない時に「お茶ついでに、久しぶりに色とお話しに行っていいですかぁ~?」って感覚で、話してみることもあっていいと私は思ってます。
どうぞお気軽に。一緒にハーブティ飲みましょ

TEL:080-4253-4305  メール:clea-color☆softbank.ne.jp(☆を@に)

4月の予定は
 こちら
この記事のURL | 思うこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。